ちばわんは「不妊・去勢手術こそが、動物愛護の第一歩である」と考えます。⇒詳しく見る

預かりボランティア greenさん

ちばわんボランティア歴: 7年

家族構成: 夫と二人暮らし

居住形態: 集合住宅

居住地域: 長野県長野市(預かり当初:東京都江東区)

先住犬猫の有無: 有り―猫

アンケート回答日: 2014/01/20

ボランティアをはじめたきっかけ

小さな頃からインコ、犬、ハムスター、フェレットと様々な動物と暮らしてきて、動物との暮らしが当たり前になっていました。
愛フェレットを亡くし、何も飼っていない時期が半年経過した頃、また何かの動物と一緒に過ごせたら…と、色々ネットで調べているときに、ふと知人から「犬や猫をはじめ、動物はペットショップから買うもんじゃないよ。世の中には、家族を募集している子達が沢山いるんだよ」と聞かされました。
正直、それまでは恥ずかしながら、「里親募集サイト」の存在も、「動物愛護団体」の存在も知りませんでした。当時一人暮らしで猫など飼ったこともなかった私は、寿命の長い猫さんを生涯お世話するには、まだ自身の将来がどうなるかわからなかったゆえ、自信がなかったのです。
でも、一時預かりという形であれば、新しい家族が見つかるまでの一時期の間、お世話をすることなら出来るんじゃないか?!と、最初は軽い気持ちで応募した次第です^^;

初めてボランティアに参加した時のこと

猫ビギナーで仕事もしていたので、当初お預かりする猫さんは、お留守番も上手にこなせる大人の猫さんを希望していました。
猫さんがやってくる前日は、猫トイレや砂、フードなど備品を揃えに近所のペットショップまで足を運び、もう楽しみで楽しみでワクワクしていました。
で、いざお預かりした猫さんは…それまでフェレットを飼っていたせいか、思ったより大きく見え、その存在感に少したじろぎました…(汗)
また、わかっていはいたものの、高いところもヒョイヒョイ登っていく姿に更にビックリ!(笑)
でも、知らない場所に連れて来られた猫さんの方もかなりオドオドしており、二人しておっかなびっくりしながら生活を始めた感じでした。

一番大変だったこと

預かりをしていくうち猫の飼育にも慣れ、当初1匹だった預かりっ子も2匹、3匹…どんどん頭数が増えていくうちに、中にはなかなか人に心を開かない子、トイレが出来ない子、イタズラが激しい子など、色んな子がいることに気づきました。
トイレが出来ない子には、実は今も苦労しています(笑)。でも人と同じで、十猫十色なのでしょうね。
一番大変だったのは、子猫が体調を崩したときでした。
子猫の場合は、ちょっと体調を崩しただけでもあれよあれよと悪化し、命とりになることもあるので毎日のように仕事が終わってから通院しましたし、最悪の場合も覚悟して欲しいと言われたりしたこともありました。
そのときは家に帰ると、ちゃんと生きて待っていてくれているだろうか…?!と、とにかく心配でした。
その心配や不安に比べたら、元気に生きていてさえくれれば、多少飼育上問題がある子でもなんとも思わなくなりました(笑)。

一番うれしかったこと

ねこ親様になってくださった方々から、「本当に良い出会いをありがとうございました」と、譲渡後何年経っても折々に近況報告のメールが届くことです。猫もご家族も幸せそうな姿を見ると、預かりをやっていて本当に良かったと思います。

ボランティアをはじめてからの気持ちの変化

主人も私に会うまで、預かりボランティアの存在を知らず、私を通じて様々な形で動物愛護活動を行う人々がいることを知りました。
自分の知らない活動を何年も一生懸命続けている、私の意外な一面に惹かれた、と言っていました(笑)。
結婚した今は共に預かり猫さんのお世話をし、新しいご家族の元へお届けをするうちに、ボランティアの楽しさや、やりがいを彼も見出してきているような気がします。
また当初猫が苦手だった友人が、私が猫の魅力や、まだまだ日本には不幸な犬猫が沢山いる現状を伝えるうちにすっかり感化され、気付いたらねこ親会にやって来て、ねこを家族として迎えてくれた時はとても嬉しかったです(^^)

ボランティアの参加を検討している方へのメッセージ

預かりのボランティアは、ただ猫さんのお世話をするだけでなく、それぞれの猫さんにあったご家族との出会いを結び、また譲渡後もねこ親様ご家族とは末永くお付合いをさせて頂く、長いスパンでのボランティア活動です。
預かりに関する諸手続き等、慣れないうちは、思っていたより大変だな…と思われるかもしれませんが、猫を通じ、ねこ親様、預かり仲間、ねこ親会運営ボランティアの皆さん等、沢山の人との出会いがあり、自身の世界が大きく広がるため、それがいつしかやりがいに変わっていくものだと思っています。
あれこれ悩むことがあっても、支えあえる仲間たちが沢山いるので、安心して飛び込んできてください!

voice_azukari_green1 voice_azukari_green2 voice_azukari_green3

寄付・物資援助のお願い

銀行振込

みずほ銀行
東京中央支店(110)
普通預金 5591921
千葉ワン 担当 小林 美樹 (チバワン タントウ コバヤシ ミキ)

郵便振替

00170-1-156664
ちばわん

ご寄付下さった方はぜひこちらのフォームよりご一報下さい (お返事に1週間程お時間を頂いております)
担当:小林

  • ちばわんは不妊・去勢手術を推奨します
  • ちばわんは犬の室内飼育を推奨しています

ツイッター担当:佐野・仁田