ちばわんは「不妊・去勢手術こそが、動物愛護の第一歩である」と考えます。⇒詳しく見る

預かりボランティア ちこさん

ちばわんボランティア歴: 3年

預かり種類: 猫

家族構成: 1人暮らし

居住形態: 戸建て

居住地域: 千葉県佐倉市

先住犬猫の有無: 有り―犬猫

アンケート回答日: 2014/01/24

ボランティアをはじめたきっかけ

元々、個人でよく猫を保護していました。
犬を飼い始めた時に良く会う方がたまたまちばわんの預かりさんで、そういうボランティアがある事を知りました。

初めてボランティアに参加した時のこと

2010年の暮れに、ボランティアの申し込みをしましたが、すぐに「年末最後にセンターに残っている子を預かってもらえますか?」と連絡があり、子猫を2匹預かりました。

一番大変だったこと

仕事柄、週末は休めないので、なかなか「いぬ・ねこ親会」に参加できない事と、苦手なパソコンでブログを書く事です。

一番うれしかったこと

初めて参加したねこ親会で、アンケートを頂いた事です。
障害のある子で、ご縁をつなぐのに時間がかかるだろうと思っていたのですが、運営ボラさんが「絶対決まると思ってた」と言ってくださったのも嬉しかったです。
また、譲渡後も、ねこ親さんたちと素敵なお付き合いが続けられる事…などなどです。

ボランティアをはじめてからの気持ちの変化

犬猫が来たことで、会話が広がりました。
自分の家の子以外の全ての生き物に関心を持つ様にもなりました。
また、自分の家の子に優しくなった気がします。
許せる事が増えたように思います

ボランティアの参加を検討している方へのメッセージ

自分が家族にできる犬猫の数には限界がありますが、預かりをすることにより数多くの犬猫と触れ合うチャンスに恵まれ、楽しいつながりも増えていきます。
預かりを通して学ぶ事は沢山あります。多くの仲間とも出会いがあり、また自分の家の子たちへの愛情も深まりました。
性別も、年齢も、性格も様々…普通なら到底飼いきれないであろう数の子達と暮らす経験ができるのは、預かりの醍醐味と言えるのではないでしょうか。

voice_azukari_chiko1 voice_azukari_chiko2

寄付・物資援助のお願い

銀行振込

みずほ銀行
東京中央支店(110)
普通預金 5591921
千葉ワン 担当 小林 美樹 (チバワン タントウ コバヤシ ミキ)

郵便振替

00170-1-156664
ちばわん

ご寄付下さった方はぜひこちらのフォームよりご一報下さい (お返事に1週間程お時間を頂いております)
担当:小林

  • ちばわんは不妊・去勢手術を推奨します
  • ちばわんは犬の室内飼育を推奨しています

ツイッター担当:佐野・仁田