ちばわんは「不妊・去勢手術こそが、動物愛護の第一歩である」と考えます。⇒詳しく見る
eventicon_eventchibano

2017年01月28日 千葉市生涯学習センター『犬に名前をつける日』自主上映会のご報告

公開日: 最終更新日:2017/3/11

1月28日土曜日、千葉市生涯学習センターにて『犬に名前をつける日』自主上映会を開催いたしました。

ちばわんから犬や猫を家族として迎えられたいぬ親さん・ねこ親さんも多数お越しいただき、アットホームな雰囲気の上映会となりました。

朝の回上映後にはちばわんの扇田代表・吉田副代表が、夜の回上映後には吉田副代表から、これまでの自身の経験などを皆様にお話しさせていただきました。

 

0128-1

 

 

映画の中に登場する「不妊去勢手術は動物愛護の第一歩である」、「『できる・できない』ではなく『やるか・やらないか』」という言葉、これらが強く印象に残ったとアンケートに書かれた方が多くいらっしゃいました。

嬉しいことに回答者全員の方が、映画の感想として「良かった」に〇をして下さっていました。

お書きいただいたコメントを一部ご紹介いたします。

 

0128-2

 

「話を聞いて不妊去勢手術は犬や猫たちの命を救うことなのだと学びました。私も最初はかわいそうだと思いましたが、生まれてきてその子たちのもらい手がいないとその子たちは殺処分になってしまうので、不妊去勢をしたほうが良いことを学びました。もし私が犬達を飼うなら保護施設から飼いたいと思います。命はお金では買えないということを深く考えさせられた映画でした」(10代女性)

 

「『できる・できない』ではなく、『やるか・やらないか』という言葉が印象に残りました。それでもやはりできるだろうかと思ってしまうのですが。自分のできることやれることを考えてしまいますが、やってみるきっかけになる映画だったと思いました」(40代女性)

 

「センターに行った犬がとてもかわいそうで大人になったら1匹か2匹、ほご犬をあずかると思います」(男子児童)

 

皆様ご来場頂きありがとうございました。

 ≪ご寄付≫ 募金箱:9,080円

フリマ売上:17,000円

≪入場料≫  57名 28,500円 (小学生以下入場無料 5名)

計62名鑑賞

次回のちばわん自主上映会は、3月11日(土)12(日)神奈川県三浦郡葉山町での開催です。

皆様のご来場をお待ちしております。

寄付・物資援助のお願い

銀行振込

みずほ銀行
東京中央支店(110)
普通預金 5591921
千葉ワン 担当 小林 美樹 (チバワン タントウ コバヤシ ミキ)

郵便振替

00170-1-156664
ちばわん

ご寄付下さった方はぜひこちらのフォームよりご一報下さい (お返事に1週間程お時間を頂いております)
担当:小林

  • ちばわんは不妊・去勢手術を推奨します
  • ちばわんは犬の室内飼育を推奨しています

ツイッター担当:佐野・仁田

ページトップへ