ちばわんは「不妊・去勢手術こそが、動物愛護の第一歩である」と考えます。⇒詳しく見る

素直

taiken_dog_sunao_2

犬 or 猫
家族になった日2014年03月24日
譲渡時の年齢7ヵ月
募集時の名前素直
現在の名前素直
家族構成夫婦(30代)、娘(※譲渡後誕生)

公開日:

保護犬・猫を迎えようと思ったきっかけ

小さい頃から犬と一緒に生活していました。
飼っていた犬は野良犬、捨て犬で、母が元々大の犬好きだった為、そんな行き場のないわんちゃんを保護して一緒に暮らしていました。
ですので、最初から犬をペットショップで飼うと言う考えがありませんでした。

結婚して数年たち、自分たち夫婦で犬を家族として迎えられる環境も心構えも整ったので、一家でわんちゃんとの生活を送りたいと思っていました。
東日本大震災で飼い主と離れ離れになってしまった犬や猫を保護団体の方々が活動して助けている事を知り、保護犬の存在を知るきっかけとなり、いぬ親会に通うようになりました。

保護犬・猫を迎えた感想

それはもう、本当に可愛くて可愛くてたまりません。
まずは、すなくんが我が家に来てすっかりメロメロになった主人と私は、すなくんに癒され夫婦喧嘩が減りました。
また、すなくんは家族団欒の時間が大好きで、みんな揃っている時間をとても嬉しそうに過ごしてます。そんな姿を見て自然と家族で過ごす時間が増えました。
毎日毎日お話しして、お世話して、癒されて・・・徐々にすなくんの考えている事が理解出来るようになり、すなくんも私達家族の気持ちを察してくれて、すっかり家族の一員として暮らしています。
わんちゃんにしっかりと向き合えばこんな私にも、わんちゃんの気持ちが分かるようになるんだなぁと実感してます。

赤ちゃんが生まれてからの犬・猫の変化

最初はやはりママちゃんが僕以外の何かのお世話ばかりしてると、言いたげに戸惑いが隠せない、落ち着かない様子でしたが、すなくんにも娘を紹介して、徐々に状況を把握出来たみたいです。
少しすると娘が泣けばウロウロと落ち着かない様子で私を探しに来たりとすっかりお兄ちゃんになってくれました。
最近では何でも掴みたがる娘にお尻や体をむぎゅっと掴まれても怒ることもなく、ペロペロなめては娘を笑顔にしてくれてます。(舐めた後はすぐ拭いてます)
そして、休日は家族4人で散歩に行きますが、家族団欒が大好きなすなくんは終始ご機嫌で本当に幸せそうにしてくれてます。
娘が産まれるまでは愛情を独り占めでしたが、愛情を独り占めすることより今は新しい家族が増えた団欒を楽しんでくれているようで安心しています。

赤ちゃんとの生活で気をつけたこと

衛生面でしょうか。
すなくんは比較的毛が抜けやすいので、ブラッシング、シャンプーには特に気をつけ、爪切り、肛門腺絞り(床やマットに擦り付けてしまうため)も出来るだけこまめにしてます。
毛の抜け替わりの時期は掃除機をすぐに使える場所に置いて一日中こまめに掃除機をかけるようにしています。

娘が寝ている時や、主人がいる時は娘を主人にお願いして、すなくんと2人でラブラブする時間も大事にしてます。
これはすなくんが寂しい思いをしないように・・・ではなく、私がすなくんとラブラブしたいだけなのかもしれませんが(笑)
すっかり我が家の長男となったすなくんではありますが、まだまだ甘えたがります。時間がある時はたっぷり甘えて貰ってます。

大変だったこと

散歩の準備。
散歩自体はすなくんが私達のペースに合わせてくれるのでさほど大変ではありませんが、すなくんのハーネスを付けリードを付けて、待たせてる間に娘を抱っこ紐で準備・・・と、この準備が大変で、待たせてる間に退屈してリードを噛みちぎってしまった事もありました。
今はリードを噛めないように鎖に変えたので大人しく待っていてくれます。

他には、すなくんに悪気なく、娘を傷付けたりする事があるんじゃないかと生後半年くらいまでは少し神経質に様子を観察しました。
一度だけ私に『かまって〜』と、前足 を出した時に誤って娘に当たってしまい、凄くすなくんが反省して机の下に隠れ、しょんぼりさせてしまいました。
この時は大事には至りませんでしたが、こういった事故が無いように注意を払って神経を使うのが大変でした。

嬉しかったこと

育児に疲れていた時期に私が落ち込んでいたら、すなくんが顔をくちゃくちゃにして笑いながら尻尾を振って寄ってきて励ましてくれた事です。嬉しくて涙が出ました。
最近は娘がすなくんを見てニコニコ笑顔になる事もとても嬉しいです。動物が大好きな子に育ってくれてるようです。

保護犬・猫を迎えようと検討している方へのメッセージ

是非、いぬ親会に参加してみて下さい。最初は見に行くだけで良いと思います。私達も半年かけて、運命の子を探しました。
もう見つからないんじゃないかな、私達にはわんちゃんと生活出来ないって事なのかなと諦めかけた頃にすなくんと運命の出会いを果たしました。
どんな状況になっても家族として迎えたわんちゃんですから、例え赤ちゃんが生まれても、家族で協力し合いわんちゃんに愛情を持って向き合えば変わらず生活していけます。まずは運命の子を探しにいぬ親会に参加してみて下さい。

Photo

taiken_dog_sunao_1 taiken_dog_sunao_2 taiken_dog_sunao_3 taiken_dog_sunao_4

寄付・物資援助のお願い

銀行振込

みずほ銀行
東京中央支店(110)
普通預金 5591921
千葉ワン 担当 小林 美樹 (チバワン タントウ コバヤシ ミキ)

郵便振替

00170-1-156664
ちばわん

ご寄付下さった方はぜひこちらのフォームよりご一報下さい (お返事に1週間程お時間を頂いております)
担当:小林

  • ちばわんは不妊・去勢手術を推奨します
  • ちばわんは犬の室内飼育を推奨しています

ツイッター担当:佐野・仁田

ページトップへ