ちばわんは「不妊・去勢手術こそが、動物愛護の第一歩である」と考えます。⇒詳しく見る

このは

taiken_dog_konoha_01

犬 or 猫
家族になった日2010年12月05日
譲渡時の年齢推定1歳
募集時の名前このは
現在の名前このは
家族構成30代のご夫婦、小学校高学年の長男くん、3歳の次男くん

公開日:

保護犬・猫を迎えようと思ったきっかけ

以前知人から譲り受けて飼っていた犬を注射などで病院に連れて行ったときに、「里親募集」という貼り紙がいつもあり、気になっていました。
そしてその犬が亡くなって数年後、また犬と暮らしたいという気持ちが強くなった時に「里親」という言葉を思い出し、ちばわんのホームページで偶然このちゃんに出会ったことが きっかけです。

保護犬・猫を迎えた感想

うちに来たばかりの頃は若干戸惑っている様子もありましたがすぐに慣れてくれて、自然な形で家族になれました。
子供にとってもこのちゃんの存在は大きいと思います。
とても可愛くて、このちゃんがうちに来てくれて本当に良かったと思っています。

赤ちゃんが生まれてからの犬・猫の変化

このちゃんがうちに来て1年半弱で次男が産まれました。
次男が病院からうちに戻ってきた初日は興味津々で、しばらくベビーベッドの側を離れませんでした。
尻尾を振って迎えてくれたので嬉しかったのを覚えています。
このちゃん自体の変化はあまりなく普段通り穏やかな様子で過ごしていました。

赤ちゃんとの生活で気をつけたこと

赤ちゃんのおもちゃが転がっていると舐めてしまうことがあったのでなるべく下に物を置かないようにしました。
また、赤ちゃんのほうがこのちゃんの尻尾を引っ張ったりちょっかいを出すことがあったので、その都度駄目だよと注意することを繰り返していました。

大変だったこと

散歩に行くのが私か主人のため、私しかいないときに赤ちゃんのほうに手がかかることがあるとなかなか散歩に行くタイミングがなく時間がずれたり、またゆっくり散歩の時間がとれずかわいそうだと思うことがありました。
ですので主人が休みの時はいつもより長めに散歩に連れ出すなどしてバランスをとっていました。

嬉しかったこと

子供と共に成長していく姿を 日々見られること。
また、あまり積極的に甘えてくるタイプではなかったのですが、座っていたら膝の上に乗ってきたり最近は寝室で一緒に寝たり、心を開いて安心してくれているのが感じられて嬉しいです。

保護犬・猫を迎えようと検討している方へのメッセージ

「保護犬」というネーミングですがみんな可愛い普通の犬です。
むしろうちのように赤ちゃんのいる家庭には、ある程度成犬で落ち着いているほうが暮らしやすいと思います。
たくさんのかわいい保護犬の中からきっと良いご縁があると思うので、ホームページやいぬ親会などで見ていただけたらと思います。

Photo

taiken_dog_konoha_01 taiken_dog_konoha_02 taiken_dog_konoha_03 taiken_dog_konoha_04

寄付・物資援助のお願い

銀行振込

みずほ銀行
東京中央支店(110)
普通預金 5591921
千葉ワン 担当 小林 美樹 (チバワン タントウ コバヤシ ミキ)

郵便振替

00170-1-156664
ちばわん

ご寄付下さった方はぜひこちらのフォームよりご一報下さい (お返事に1週間程お時間を頂いております)
担当:小林

  • ちばわんは不妊・去勢手術を推奨します
  • ちばわんは犬の室内飼育を推奨しています

ツイッター担当:佐野・仁田