ちばわんは「不妊・去勢手術こそが、動物愛護の第一歩である」と考えます。⇒詳しく見る
eventicon_eventotherno

2018年09月15日 第12回アニマルチャリティコンサートのご報告

公開日:

9月15日土曜日に、ちばわんメンバー4人で、NPO法人アニマルチャリティジャパン様主催の「第12回アニマルチャリティコンサート」運営のお手伝いをいたしました。

このコンサートは、アマチュア音楽愛好家たちが、会場費など全経費を負担することで「入場料の全額と寄付金」が動物保護団体へのチャリティとなる事業です。
動物を飼っていなくても、仕事で忙しくても、自分の好きな音楽を通して、楽しみながら動物たちを支援できる。という画期的な支援活動です。

これまでの11回のコンサートにおける寄付金の総額が10,000,000円を超えたそうです。
当日、会場の運営は、支援を受ける3団体のメンバーがボランティアでお手伝いいたしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

開演前のリハーサル風景です。
ステージ上で、演奏者の立ち位置確認や、スライド上映のチェックを行っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会場は「めぐろパーシモンホール・小ホール」です。
座席数200席の、ゆったりとした美しいコンサートホールです。
今回もほぼ満席になるほど多くのお客様がいらっしゃいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホワイエ(休憩ロビー)に、ちばわんの活動をご紹介するコーナーを設けさせていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は第1部と、第2部前半に、アマチュア音楽愛好家による20のプログラムが演奏されました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

楽器演奏あり、声楽あり、オペラありのバラエティに富んだ楽しいコンサートでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

第2部後半は、作曲家兼ピアニスト中山博之さんとゲスト・ヴァイオリン奏者ビルマン聡平さんによる、楽しいトークつきのコンサートでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コンサートの最後は、保護犬スライド物語の上映と演奏がありました。
ステージにてアニマルチャリティジャパン代表細見様より、ちばわんの活動も紹介していただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は、ちばわんの卒業犬「ニーナ」の、レスキューから預かりボランティアさん宅でのケア、卒業後の幸せな生活までを記録したスライド上映でした。
ニーナは両前脚に障害を抱えた保護犬でしたが、義足を作り歩けるようになり、素敵な家族とめぐり逢い幸せに暮らしております。
感動的な「ニーナ」の物語に、会場のあちこちからすすり泣きが聞こえました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出演者全員の記念撮影です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コンサート終演後はホワイエにて、来場者様、出演者様が交わっての和やかなカクテルパーティ
が行われました。

皆さまの温かいご支援のおかげで、今回、ちばわんへ36万9,000円のご寄付をいただきました。
ご支援金は、保護犬猫たちのために大切に使わせていただきます。

 

NPO法人アニマルチャリティジャパン様
出演者の皆様
ご来場の皆さま
心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

寄付・物資援助のお願い

銀行振込

■ゆうちょ銀行
店番 019(ゼロイチキュウ)
当座 0156664
ちばわん

■みずほ銀行
東京中央支店(110)
普通預金 5591921
千葉ワン 担当 小林 美樹 (チバワン タントウ コバヤシ ミキ)

郵便振替

00170-1-156664
ちばわん

ご寄付下さった方はぜひこちらのフォームよりご一報下さい (お返事に1週間程お時間を頂いております)
担当:小林

ツイッター担当:佐野・仁田

ページトップへ